読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

                                               ~沖縄の生き物でかっ!~

 

 

 昔の話になりますが、うちの実家の裏山で むちゃくちゃデカいノコギリクワガタ

 

 

を捕まえた事があります。その大きさたるや、半端なく ゆうに15~18cmを超えてい

 

 

たと思います。ソレは 夏休みのラジオ体操終わりに友達2~3人と仕掛けた木に

 

 

行くとカブトムシから、カナブンと色々な昆虫が集まっていました。やはり南国

 

 

沖縄、生物の大きさがとてつもない!!変な話、ご〇ぶりなんかは 大きいうえ

 

 

に、異常に早い!野性味溢れた あいつらは、早すぎて後継姿勢だ・・・(わか

 

 

りやすく言うと、チョロQのコインを乗せた ウィリー状態です・・・)。しか

 

 

も動きが予測不能!どっかに行けばいいのに、こちらに向かってブンブン飛んで

 

 

くるという アクティブな奴ら。とにもかくにも、昆虫がデカい。沖縄では 他

 

 

にも馴染みのない生き物がいるが、当時人気だったのは「キノボリトカゲ」だ。

 

 

 昔に[ウーパールーパー]や[エリマキトカゲ]が 結構な人気を博していたが、そ

 

 

の[エリマキトカゲ]に激似なのだ。実際は、[エリマキトカゲ]のエリの部分を外し

 

 

た感じのトカゲで、色々なところで目撃した。走り方もどことなく似ていて、お

 

 

茶目要素すらある。何回か捕まえた事もあるが、噛まれると少し痛い(・_・;)☆

 

 

 私自身は目撃したことはないが、父親の話によると ハブは執念深く、確実に

 

 

やっつけないと 追いかけてくるらしい。そのうえ物凄くタフネスで、車で踏ん

 

 

づけても生きているそうだ。怖っ・・!!野生マングースは2度程 見かけた事

 

 

はあるが、車上から見ても 結構 怖い感じでした。

 

 

 ・・・と、まぁ 昔の話は置いといて、こないだ さっそく我が家にも G

 

 

(ご〇ぶり:*注:我が家では 奴の事を[G]と呼んでいる・・・)が出た。内

 

 

地生活が長かった為か、久しぶりに見る生き物は全て怖がる性質の私の特性か、

 

 

物凄く怖かった・・・(*_*)☆だが、一家の大黒柱・雷おやじ・亭主関白の威厳を

 

 

かけて、奴と本気で対峙した。片手に丸めた本。片手に殺虫剤。緊張が走る。

 

 

(殺虫剤だけに・・爆☆)奴の行動パターンは読みづらい。ある意味頭脳戦だ。

 

 

デカくて怖い。今すぐここから逃げ出したい。でも 奴に住みつかれても困る。

 

 

 夜の行動が多い私にとって、奴は 恐怖でしかない。子どもを寝かしつけて、

 

 

暗い部屋の電気を付けて 必ずチェックする。トイレに行く時も 歩く所は全て

 

 

ライトオン!!笑えるかもしれないが、ホントにそれ位 怖いのだ!!俊敏さま

 

 

で要求されるこの戦いで 先手を取って、見事 勝利を収め、父の威厳も損なわ

 

 

れずに済んだ。翌日、近くのホームセンターで ブラックキャップ(Gを巣ご

 

 

と撃退するという頼もしいアイテム)を購入した事は 言うまでも無いだろ

 

 

う・・・^_^;